7月から8月にかけてのこと。 | diary(夏)

diary(夏)




<< 七夕、2人のグラス、アクセサリーパーティー、ありがとうございました。 | main | 2019 10 03 >>

2019 08 04

晴れ

 

7月から8月にかけてのことを書きます。

ムクゲ、牡丹臭木、夾竹桃、芙蓉が咲くこのごろ、

夕方のうつくしさはみごと。

 

「七夕、2人のグラス」が終わってから、その後のこまごまとしたことをしました。

天の川の雫ブローチを新たに作ってサニーさんに送った。

買ってくださった方、ありがとうございました。嬉しいです。

 

SUNNY BOY BOOKSのサニーさんはとても気のいい人でグラスや、

ブローチが完売したことを嬉しく思ってくれて伝えてくれる。

それでまた嬉しくなる。

私は作ったものが、誰かにとっていいな、きれいだなっていう心に響くことが嬉しい。

 

サニーさんは自分がいいなって思う本が売れると嬉しいけれど寂しくなって、

その空いたところにまたいい本をおかなきゃって思うと言っていて、心にのこった。

展示中はそんな話もできてよかったです。

最終日、夜、グラスを郵便局へ発送しに行った帰り、くるりの歌を交互にうたっていて、

「東京」は、遠距離恋愛の歌だ、いや成就しなかった恋の歌ではないか、と話した。

 

 

/

 

 

月末は仙台にいってきました。

 

3つのお店にいって、器と、本1冊、本2冊買った。

どのお店もお会計の時、ワアって感じで嬉しそうにしてくれて私も嬉しくなった。

(いいなと思ってもらえると嬉しいものね。)

素直な反応に出会うとほっとする。

 

本1冊は読み終えて、2冊は絵を描く時に参考にする用だからこれから関係が始まる。

「季語の成り立ち辞典」「風と雲のことば辞典」です。

離れられなくなったから、買った。

 

器は今、お米のとぎ汁で煮ています。

そのとぎ汁の、「でどころ」のごはんも炊いているので部屋があつい。

今日は栄養のあるものをつくる。

器はグレーに青がちょっとにじんでいて、貫入がたくさん入っていてきれいです。

器はある時、私はそろそろ器をちゃんと集めようと決めて、ゆっくり買っています。

これから家にいる時間が増えると予感した時、決めました。

 

仙台へは兄夫婦の結婚式へ行ってきました。

兄が結婚できるとは、とすべての妹が思う感想を私もいだきつつ、

お嫁さんはかわいいし、仙台は良いところだし、楽しく過ごしました。

 

お嫁さんが歌をうたった。

花嫁が歌をうたう披露宴は2回めで、前回も楽しく、感動して、

今回も同じ気持ちになりました。

人生一番のハレの場で、しずしずとしているのではなくて、

力強く全身で、音楽という芸術で今日を表すことに感動する、のかな。

花嫁が本気でうたう披露宴が好き。

 

帰宅した数日後、松岡さんから絵葉書が届いて(「しのつく人」を送ったお礼)、

仙台に行ってきたよ、と書いてあってぐうぜんに驚いた。

松岡さんは友だちです。

 

あと最近のことは挿絵のお仕事の絵を描いたこと、

アートワークをした影山さんCDのリリースが楽しみなこと、

年末の個展への準備はじめましたのこと、

福岡の「ナツメ書店」さんで新しく本のお取り扱いが嬉しい、ということです。

福岡にもあそびにゆきたい。

 

さくらももこさんがエッセイで、

「どんなに時代が進んでも、個人の力は変わりません」と書いていて、

読んだのは10年くらい前かな、私はとても前向きなことばとして捉えてて、好きで。

 

個人の力、そのことをよく、考えます。

 

tsumoru00:17




c a l e n d a r
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

d a y

a r c h i v e s

c a t e g o r y

l i n k