3月から4月にかけて。 | n o t e(はる)

n o t e(はる)




<< もうすぐ、大模写展。 | main |

2019 04 03

晴れ

 

 

私は、「大模写展」の「睡蓮」をぶじにサニーの壁にとりつけたのち、

三島にいったり、友だちと友だちの赤ちゃんに会いにいったり、

新しい絵をかいたり、桜を見たりしていました。

 

この部屋からは桜が見える。

ささやかに花びらが散るようす、

それを見る時、私は毎春、

すこしのもので充分、と思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

桜は、時間によって色が変わる。

桜が見える部屋に住むのは初めて。

だからたくさん、発見がある。

私が好きなのは、今の時間。

夕方の桜はうすいゴールドがかかっている。

これから青いほうの夕方きて、青にひたされたような桜もとてもきれい。

 

でも、もっときれいなのは、人がとおる時かな。

この木の下をとおる人はすこし、ゆっくりになる。

見上げて、顔に肩に桜の影をまとい動いてゆく。

 

 

 

 

三島にいったのは5/18、19の「Village」にでるからです。

そのシミュレーションにおじゃましてきました。

 

友だちの赤ちゃんはとても小さく、

友だちは変わらなく、2人でお弁当をたべました。

 

「まだ手を見つけていない」状態とのこと。

赤ちゃん、すぐ忙しくなるだろうからその時間を味わってほしいなと思った。

私もあったであろう、「まだ手を見つけていない」時期に思いを馳せた。

重要に思えた。

見つけていないものがいっぱいの時間。

でも今、すべて見つけきったとはかぎらないよね。

 

新しい絵はある人のために描いています。

それぞれを生きている春、です。

 

「大模写展」は、18日までつづきます。

tsumoru18:10 。。。。




c a l e n d a r
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

d a y

a r c h i v e s

c a t e g o r y

l i n k