もうすぐ、大模写展。 | n o t e(はる)

n o t e(はる)




<< 365日のブローチの通販について。 | main | 3月から4月にかけて。 >>

2019 03 28

晴れ 小雨 くもり

 

 

私は、365日のブローチ展が終わってから、

2日間ねむりました。

何年分のねむりみたいに、睡眠する蓮のきぶんで。

 

そのあとは、個展後のこまごまとしたことをして、

みんなにブローチが届いたかドキドキして、

本を作って、納品して、部屋を整理して、

これからのことを考えて、

「大模写展」の絵を描いていました。

 

「大模写展」はSUNNY BOY BOOKSの6周年の企画展で、36人が参加します。

SUNNYはオープン当初からもちつもたれつでがんばってきたので、

(サニーさん曰く「いとこ」のような私たち。)

ぜひ参加したいなと思いました。

 

私は1908年、クロード・モネさんの「睡蓮」を模写しました。

丸の絵。

 

この時モネさん68歳。私いま34歳。

「睡蓮」のシリーズを描き始めて10年目ごろ。

私は絵を初めて14年。

 

モネさんは去年、展示をみて、自由な気持ちをもらって好きになりました。

(その時、子ども向けの解説のさん付けが気に入った。モネさん。)

まだ深くしらなのです。

図書館で重い画集をひろげる。

モネさんは勉強があんまりで、デッサンが上手だったんですって。

同じだ。

「誰もが私の芸術を論じ、

あたかも理解しなければならないかのように、

理解した風を装っているが、

本当は、ただ愛しさえすればよいのだ。」

 

愛しさえすれば。

 

 

 

 

描きながら、考えこんでしまいました。

途中で、そっくりだ、って思ったから。

そっくりでいいの?

サニーさんのねらいって、そこなのかな?

 

「私の模写」に、むきあってみる。

 

私は睡蓮の花のところを、自分の睡蓮を、描きたいんだ。

モネさんの睡蓮そっくりでもなくて、

本物の睡蓮そっくりでもなくて、

モネさんの睡蓮をみた私の睡蓮、、、。

 

 

 

 

そっくりでいいの?のモワモワは描き終えたいまも私を纏っている。

でもたしかに、このモワモワはモネさんの絵を愛したからのモワモワ、のような気がする。

よくわからない、けれど、私は憧れの人に初めてあいさつできたような、感覚をもった。

 

描きはじめ、ドキドキワクワクした。

はじめましてとうまく言えただろうか。

あなたを知りたい気持ち、に近いのかな、模写って。

だって気になる人の歩き方とか思い出せるでしょう。

思いだせば、模写は画家でなくとも。

 

他のみなさんの絵も楽しみです。

どんな気持ちで描いたのか聞いてみたいです。

 

「大模写展」、よかったら見にきてください。

30日、土曜日からです。6歳お祝いしましょ。

 

 

 

tsumoru01:04 。。。。




c a l e n d a r
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

d a y

a r c h i v e s

c a t e g o r y

l i n k