11月のブローチの感想 | n o t e(冬)

n o t e(冬)




<< 24sekki/にじゅうしせっき ありがとうございました。 | main |

2018 12 03

 

 

12月になりました。

11月のブローチの感想を書きます。

 

1日1枚、30枚の小さな絵の集まりでした。

集まりはこちらからどうぞ。

http://shimizumiku.com/365brooch.html

 

見てくださった方、ありがとうございました。

 

 

24sekkiの本の上で写真を撮りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

11月はやはり、個展24sekkiまみれの一ヶ月でありました。

健康に過ごせたことがなによりだったと思います。

 

ブローチを見返しながら、

個展の中頃はやや、こころここにあらずといった感じがします。

月末は集中してみえます。

 

とはいえ、こころここにあらずは、年間通して治らないのですが、、。

「清水さん、こころここにあらずだよね。」と言ったあの人いまどうしているかな。

 

 

 

 

 

ブローチの絵は、夕方〜深夜に描いています。

 

毎日絵の具にふれるためのしかけ、としての365日のブローチだったのですが、

始めてみてすぐに、1日のまとめ、最後にバランスをとるためのものでもあるなと思いました。

なので、1日の終わり、夕方〜深夜に描いています。

これが本当に救われたのでした。

 

 

(あっ、今、窓の外の空に虹がかかっている。)

 

 

 

 

 

 

最近友だちと話していていたこと。

 

その子は、私が描いたブローチがあがると「今日も1日終わったんだな〜」と思うと。

しみー(私のあだ名)も1日がんばったんだな〜、

他の人も1日がんばって無事終わったんだなぁ〜とおもうと安心する。

ブローチを見ながら、大変な時は今日も乗り切った、と思うけど、

幸せな時は明日も楽しみだなって思うんだって。

 

誰も見てくれなくても自分のためになれば、と考え、

試作を重ねていた1年前がなつかしいです。

 

 

(虹、まだある。)

 

 

 

 

 

 

冬だ、もう冬なんだ。

 

ヒヤシンスの水栽培を今年も始めた。

窓の外では、黄色い銀杏にオナガが、止まっている。

乾燥する季節に入るけれど、

水栽培の「水」、オナガの「ブルーグレー」、

冬のものと、水のようなものの相性が良い時期でもあると思います。

 

他人に伝わりづらくとも本心をみつめて、師走をすごしましょう。

冬に仕込むお味噌のように熟成ですね。

 

あと29枚、おつきあいいただけましたら嬉しいです。

そして来年、2月28日からにじ画廊さんにて、

365日のブローチの展示が始まります。

 

365日のブローチ = 小さな絵16:20 。。。。




c a l e n d a r
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

d a y

a r c h i v e s

c a t e g o r y

l i n k