10月のブローチの感想 | n o t e(秋と冬のあいだ)

n o t e(秋と冬のあいだ)




<< 9月のブローチの感想 | main |

2018 11 02

 

 

10月のブローチの感想を書きます。

10月もお付き合いいただきましてありがとうございました。

 

31枚の小さな絵でした。

集まりの写真はこちらからどうそ。

http://shimizumiku.com/365brooch.html

 

 

ブローチの終わりが見えて、きちゃった。

 

 

 

 

 

11月に個展をひかえており、その準備をしています。

なので10月もそんな感じで、前半はみっちり絵でした。

 

描いていた絵は「二十四節気」の絵なので、いろんな季節を描いていました。

ブローチも、その絵たちから切りとって描くことがあったので、

秋なのに南天(10/2)やアネモネ(10/5)と、季節はずれになってしまいました。

 

今日は「秋分」の絵の上にのせた写真。

気に入っている絵。

 

 

 

 

二十四節気を知っていますか?

 

私は、なんとなく知っていました。

春分とかね、有名なもの。

でも祝日のことかと思っていました。

春分の日、とか。でも違ったわけです。

 

今年の1月、

なにかとお世話になっているSUNNY BOY BOOKSへ行った時、

サニーさんと話していて、二十四節気の話になりました。

 

普段の絵の話をしていてその話題がでたと思うんだけど、

美紅さん調べてみたらいいかもねって。

なるほど二十四節気(という名前はその時知らなかった)。

知りたいな、と思いました。

知りたいな、は実感したいな、につながり、

このブローチをよい機会に、毎日描きながら、

祝日のことではなかったとわかり、新しい節気の日には調べてきました。

 

私が好きなのは「啓蟄」で3/6頃。

いきものが地面から顔をだすようすから名付けられ、

いきものが再び活動しだす春の始まりを意味しています。

 

啓はひらくという意味です。

蟄は虫のことで、ここで表現されている虫はへびやかえるのことです。

昔はへびやかえると虫の区別が付けられていなかったんですって。

 

時代が進むにつれ、いろんなものが整理されていったことがわかります。

 

 

 

 

 

若いころはこういう季節のことがらって興味なくて、ぴんとこなかったんだけれど、

なんででしょうね、今はほんとうにいいなあ、と思います。

虫やへびやかえるも、子どものころは苦手だったけれど、

今はちょっと親近感があります。

さわれないけれど、でもお互いそこにいるね、って思う。

 

 

私は二十四節気をなんとなく知っていました。

でも今は、もう少し知っています。

 

24枚、描いたからね、その絵を思い浮かべれば、わかります。

嬉しいな。

でももっと深く知りたい。それは、またこれから生きるなかで。

 

 

 

 

時代が進むにつれ、整理されていったんだ。

今も整理されつづけているんだ。

よくわからないものに名前が付けられていくんだな。

 

へびやかえると虫が区別されていない感じと、絵。

なんだか似ています。

整理されていない感情が、そのままでも良いもの。それが絵。

時には音も見えてしまうもの。絵。

 

平成も終わるなか、曖昧模糊とした時間をすごしております、、。

 

10月のブローチの感想を書くつもりが、

個展の話になってしまいましたよ。

 

個展 24sekki、よかったら見に来てくださいね。

おまちしています。

 

 

 

 

365日のブローチ = 小さな絵14:50 。。。。




c a l e n d a r
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

d a y

a r c h i v e s

c a t e g o r y

l i n k