イラストレーション・フェスティバルに参加しました。 | n o t e(秋)

n o t e(秋)




<< イラストレーション・フェスティバルによせて | main | 9月のブローチの感想 >>

2018 09 17

 

 

イラストレーション・フェスティバルが終わりました。

たくさんの方に絵をご覧いただきました。

見てくれた方、買ってくださった方、

感想伝えてくれたあなた、ありがとうございました。

 

企画展の「3人の読んだ景色」から「星の王子さま」の絵。多角形。

個展「一瞬の初夏、」からの絵。ひらひらの紙。

個展「すべての天気の下で」から布の絵。

冊子、カード、レターセットの販売。

10名さま限定の「小さなライブペインティング」の2日間となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

とても良いイベントでした。

本当に参加できて良かった。嬉しかった。

絵を見てくれる時の、みなさんのいきいきした表情をたくさん見られたから。

 

小さいお子さん連れの方が多く嬉しかったです。

指さして「あお!」って。

どんぐりも拾ってくれました(床においていたんです)。

 

記憶の奥に残るといいな。

 

 

 

 

絵を描くときは独りです。

夜中まで自分に向き合って、絵の具まみれで。

そういう、独りの時間との、ものすごく逆の時間でした。

個展も逆の時間といえますが、

でもこの2日間では経験したことのないキラキラとした、

ずっと楽しい、ご褒美のような時間をいただきました。

 

イラストレーターさん、絵描きさんと搬入の時から同じ空間にいれて幸せでした。

なかなかみなさんとお話ができなかったのですが、

一緒に作れただけで充分に。

 

みなさん優しくて、おもしろくて、まじめなんだよ。

素敵な絵って、人生の積み重ねでできているんだなって改めて感じました。

絵がご本人に似ているのもいいな。

今はネットで作品をみることもできるけれど、

ご本人を知ると絵がもっと好きになるし、わかるね。

 

ゆっくりみたいから、個展にいこうと思います。

 

 

 

 

「小さなライブペインティング」は、

担当のkkさんが付けてくれた名前で、ぴったりですよね。

お客様とお話しながら、カードとご本人の雰囲気に合わせてひし形の額に色をつけました。

小さな時間の共有、楽しかった。

飾ってね。

(写真は告知用のもの)

 

手紙社のみなさん、ボランティアのみなさん、優しく丁寧で、すごいなあ、、と思いました。

イラストを伝えたい、楽しんでもらいたい!という気持ちが伝わってきました。

 

ほんとうにほんとうに、お世話になりました。

 

 

 

 

イラストレーション・フェスティバルに参加できて、勇気がぐんと出ました。

なんでかというと、、うまく書けるかな、書いてみます。

 

搬入をふくめた三日間、

私はやっぱり絵描きなんだ、って、よりわかる瞬間が何度かありました。

 

私は自分のことを、絵描きだと思っています。

絵が好きで、描いてきて、でもイラストももちろん好き。

イラストレーターの方をとっても尊敬しています。

絵とイラストを区別する必要はないとおもう。

どちらもすばらしい、これも本当の気持ち。

でも13年間、絵のことをやってきて、やっぱり違うとも、おもう。

私にできること、できないことを自覚したからかな。(それは良い事でした。)

だからイラストに尊敬がある、のです。

なんか、カタコトになってしまいました、、。

 

そしてまた、「でも」、ですが、

でも、枠をきめないで、描きたいものをおもいきり描こうと思います。

誰かがイラストって思ったら、私の絵もイラスト、

そういうゆらぎは好きだし、まざる自分になりたい。

だって夏と秋がまざる今の季節や、

夕日と青空がまざる時間は美しいもの。

 

2日間、絵を見てくださった方のいきいきとした表情を信じているから、

勇気がぐんと出たのでした。

私は絵が大好きさ。

 

また絵とともに、お会いしましょう。

 

 

 

kansou16:42 。。。。




c a l e n d a r
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

d a y

a r c h i v e s

c a t e g o r y

l i n k