つゆ色のスカーフ、終わり | n o t e(はる)

n o t e(はる)




<< つゆ色始まっている | main | 影山さんのこと >>
7月1日
SUNNY BOY BOOKSでの、つゆ色のスカーフ終わりました





























スカーフ作ろう

ある日決めました
どんな時に思いついたかは覚えてないけれど、
サニーさんに梅雨の時期にどうですか、と言ってもらえたから、思いついたのだと思う

梅雨の時期なら、スカーフ頭にのせれば、雨をしのげるな…イメージは広がります
絵は、薄い布にプリントして、サインをシルクスクリーンで刷ろう、インクはシルバー

そこから、まったくやったことの無いことのくりかえしに、雲をつかむような思いでした
雲をつかんではなげ、つかんでは見て、つかめないこともあって、
春がきて、初夏がきて、絵を描いて、コラムも書き、スカーフはできました

可愛いスカーフができて嬉しい
何につかうかわからない自由な布、スカーフ


自分がいいと思うものが他の人もいいと思うとは限らないのに、
スカーフ、沢山の方に購入して頂いた
スカーフ広げたりたたんだり、選ぶの楽しかったかな?
どんな使い方するのか気になる!
ご注文分は、もう少しお持ち下さい

頂いた気持ちで、また新しいものをつくります
(そしていつか、服をつくる)


絵をみてくれたかた、スカーフや絵やCD(影山さんの/そのことはまた後ほど)を
買ってくれたかた、本当に感激しました
ありがとうございました







そうして今思うのは、やっぱり私は絵が大事なんだなってことです
私はもしかしたら、絵を描くことが大好きでは、ないのかもしれない
絵を描く時間は、楽しいことだけではないから。

きっと、絵を通して、新しく気づくことがあるのが好き
例えば、スカーフに描いた6月の花を、展示中にぜんぶ発見してよろこんで、
来年の6月も、あの場所にある、ねむの木を見ようって、目標をたてたりそんなことです
(実物をみたことないのに、絵を描いたから形を覚えていた)

あとやっぱり、絵を通して、想像したものや風景が目の前に現れるのが好き
それを含めて、絵が好きなのかな?と思いました
すぐに忘れちゃうけれど、sunny02(サニー2周年冊子)を読んで、そんなことを思いました
絵描きから本への、お返事です

サニーさんとtiltflowersさんと3人でがんばって、楽しい思いでがたくさんできました
本屋と花屋と絵描き、子供のころの夢のような大人がそろって、
やっぱり大人になるのは楽しいぞ

向き合えば、大人も雨も梅雨もいいものです
展示をするっていうのはうまくいかないこともあるけれど、sadもbadも人生ってやつです
また描くので、また見てもらえたら、嬉しいです



最後にスカーフたちと、
フェアが終わっての『ご報告』↓
kansou18:41 。。。。




c a l e n d a r
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

d a y

a r c h i v e s

c a t e g o r y

l i n k