kansou | diary(冬)

diary(冬)




2020 01 18

 

 

 

 

個展「年末年始、私の灯り」が終了しました。

SUNNY BOY BOOKSにお越しいただいたみなさま、

ありがとうございました。

 

今回は布に描いた絵に、自作の額をほどこしたものの展示でした。

ろうそく作家のho to ri - yaさんと一緒に「私の灯りset」もつくりました。

 

DMにこんな文をのせました。

 

「年末年始は私にとって年間でもっとも好きで、

大切な時期です。

じっと静かにすることで1年間の自分をゆるせる年末。

透明な空気が原点に戻らせてくれる年始。

年をまたぐだけなのに不思議と、

まっさらでほのかな願いが灯るのです。」

 

 

年末の12/21から始まり、1/16に終わった本展。

この長い期間にほんとうの年の瀬と年明けをはさむことで、

(実のところ)絵について悩んでいた年末は、

大切にしたいことを時間をかけて考えることができました。

 

年明けは美しい元旦の空気のなか、

また今年もやっていこうと思えました。

年明けの在廊が始まるともっとそう思えました。

絵を楽しく描くこと、伝えることを真ん中に。

12月が1月になるだけなのに不思議ね。

在廊中はみなさんの年末年始の過ごし方が聞けて楽しかったです。

 

 

 

 

すべての絵を額装することは初めてで、

それをSUNNY BOY BOOKSで挑戦することができてよかったです。

額装することは一般的なことだけれど、

それが私にとっては挑戦だということはサニーさんはわかってくれるから。

 

額を作ってみて、難しさもよさも実感して、

これからはより絵に集中できそう。

 

 

ho to ri - yaさんと「私の灯りset」を作れたこともすばらしい経験でした。

絵からイメージした、3種類の香りのキャンドルを作っていただきました。

私はキャンドル用のグラスに絵を描きました。

 

制作過程で印象的だったお話があります。

香りは人によって、体調によっても感じ方が変わるというお話です。

絵もきっとそうだし、ごはんだって、人付き合いだって、

生活のなかの、芸術の、あらゆるものがそうなのかも。

そのわからなさ、ひとつと言えない複雑さにとっても自由な気持ちになりました。

 

その自由さのなかで「これ」って思えるものがあるのもまた本当の気持ち。

 

 

タイトルに「私の灯り」といれましたが、

「灯り」は火と、火に照らされたものからできていると考えると、

私にとって絵は火で、照らされているものは世界だと思いました。

世界には、あなたがいて私がいる。

絵によって、季節や植物、年末年始が照らされ、よく見ることができる。

照らされたものの明るいところも影も、描く。なるべく美しく。

 

寒いなかお越しいただきありがとうございました。

今年もどうぞ、よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kansou15:29



2019 07 14

 

 

七夕周辺のこと。

 

 

 

7月9日に、SUNNY BOY BOOKSでの、

sunny pop up 「七夕、2人のグラス」が終わりました。

梅雨まっさかりのなか、お時間をいただきましてありがとうございました。

 

今回ははじめてのpop upでした。

年末年始にSUNNY BOY BOOKSでの個展が決まっていて、

その前にpop upやりましょー、と店主のサニーさんがさそってくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペアグラスは、直接えがく一点物だったので、

pop upのイメージとは少しちがったかもしれませんが、

私なりの楽しい時間、ゆたかな時間のpop upになりました。

透明なもの、曲がったものに描くことは楽しかったです。

 

ほのかな願い、ペア、未来の恋などがテーマでした。

 

お時間が許すかぎり、お話させていただきました。

未来の恋のために、

自分のバランスを知る、

自分のこと(私は絵)をやる、

というのがいまできる準備や、動きなのかなと思います。

 

これって未来の恋に関係なく、いつも思っていることでした。

みんないつか乾杯できますよう。

 

また年末に、SUNNY BOY BOOKSでお会いしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

(天の川の雫ブローチ、購入してくださった方ありがとうございました。つけてね。)

 

 

 

そして、

7月7日までだった、浦和パルコさんでの

手紙社がやってくる「アクセサリーパーティー」のことを。

私はメインビジュアルと、ワークショップでお世話になりました。

 

会場で大きく絵を使っていただいたことが初めてで、感動しました。

浦和パルコさん、手紙社のみなさま、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワークショップは、1日だけ開催しました。

 

「願いをこめたブローチづくり」です。

 

お客さまと、わたし、一対一の時間でした。

お客さまに願いごとをブローチに描いていただき、

私がその上に色をぬりました。

 

初めてお話するのに、パーソナルなことを聞かせていただき、

普段ないような楽しい時間でした。

願いごとはだれにも秘密です。

 

描くことをとおしてさまざまな人生が知れる、絵が私は好きです。

 

こころにのこる、今の七夕でした。

 

kansou20:46



2019 05 21

雨/嵐

 

Villageが終わりました。

ありがとうございました。

 

私はあれから、東京にもどって、月曜日は丸一日眠っていました。

 

起きたら今日は嵐であった。

つい三島の天気予報をみてしまう。

三島も雨かあ。木だいじょうぶかな。カラスはじっとしているかな、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「結わえる絵」は、たくさんたくさんの方にご覧いただきうれしかったです。

褒めてもらえてうれしかったので、私もたくさん人のことを褒めたい。

 

誰がつくったかを知らなくても、きれいだねーって見上げたり、

写真を撮っているようすを見れて、絵がまっすぐ届いたー、と思いました。

 

あの絵は、大きな絵を描いて、カットしてつくりました。

950枚くらい。

ヒモにつける作業もふくめて10日でした。

こういうことが自分はできるんだって、

自分のことがより、わかりました。

絵を切ることは、切るとわかっているので大丈夫です。

たくさん切るのはすっきりしました。

清の気持ちでした。

 

「結わえる絵」はかろやかな結界、です。

結界は清と俗をわけるものみたい。

 

女が元気な商店街は、お久しぶりに会う方もいてうれしかった。

みんなきりっとしていてかっこいい。

準備も早い、、なごやかだし、、すごいな、、。

一緒に働けて、光栄でした。

 

 

 

 

 

 

「結わえる袋」では、たくさんバッグに絵を描きました。

 

楽寿園の今の季節のみどりを参考に描きました。

絵を描くところも、たくさんご覧いただきました。

 

予想よりもたくさんの方に買っていただき、おどろきました。

お出かけに連れて行ってもらえたらいいな。

絵にお財布とか、ハンカチとか、本とかいれるんだよね。

たのしいな。

自分でも使ってみます。ワクワク、します。

 

私は画家なので、原画からはなれないようにと思っています。

はなれたら、戻ってこれないような気がするのです。

 

テーマがないとグッズがつくれない性分です。

手作りのものが多いので、

たくさんつくれませんし、

また同じものをつくることがあるかもわかりませんが、

今つくりたいものを、楽しくつくっています。

ご興味ありましたら、またご覧いただけたらうれしいです。

 

 

 

 

 

 

Sさんにもってもらったようす。

「こぶし」の木のバッグ。

 

 

最後に描いた、新しい感じの絵。

 

 

 

今回も、遠方から来ていただいたみなさまありがとうございます。

たくさんお時間をいただきました。

 

スタッフのみなさんにもたくさん親切にしていただきました。

 

つめに入った絵の具もうすまりつつあります。

 

暑い季節がきますが、また健康にきをつけてがんばります。

次は、6月〜7月にSUNNY BOY BOOKSです!

 

kansou20:30



2018 11 30

 

 

24sekki/にじゅうしせっき、

ありがとうございました。

 

貴重なお時間をいただき嬉しかったです。

感想のノート、みなさん文章で伝えてくれるのでいつも読むのが楽しみです。

 

QuantumGalleryの田村さんに撮っていただいた絵の写真と、

会場の写真があるのだけど、それは12月に入ってからのせます。

すごくきれいなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二十四節気を描いた楕円24枚と、

初日のライブペインティング「太陽を描く」で描いた布を中央に配置した展示でした。

 

「わたし」を地球としてぐるっと一周しながら絵をみると、

太陽との位置関係のままに、二十四節気の順を追える展示です。

 

その経験に重なるように、

「わたし」が地球になれる、地球ヘアゴムもつくりました。

(数点残りがありますので、今後も販売します。)

 

 

 

 

 

 

 

ひとつひとつの絵に節気のテーマがあるので、

今年過ごしたその節気の時期の空気、気温、植物のことを思い出しながら、

自分にとってどういう時期であったかをおりまぜ、絵にしました。

 

自分にとってどういう時期であったか、を表現することに、

季節と心、その組み合わせで無限に絵を描いていけるような幸せを感じました。

 

しかし、自分にとって、と、だれかにとって、は同じとは限らないという難しさがありました。

だから「わかる」と言っていただいた時嬉しかったです。

(わからない)、部分もあったかとは思いますが、ご覧いただいたことがありがたいです。

 

 

「立冬」

 

 

「大寒」

 

 

「立夏」

 

 

「夏至」

 

 

 

楕円は自分で作り、絵は10月に一気に描きました。

 

この楕円は、最近作っている多角形と同じ要領で作っています。

 

自分で作ることは、私にとって一番、

優しく、簡単、自由に作れて最高、なのですが、

みなさんにとっては驚きポイントらしく、驚いてもらえるのも楽しいです。

作り方は大した技術ではないのですが、

会場で直接、お話させていただきました。

 

考えてみれば、こういう私にとって一番優しい方法が、

まわりから驚かれるということはよくあるのですが、

みんなそういうことあるのかな。

 

遡れば、絵をやろう、と決めたことも私にとって一番優しい選択でした。

厳しいことをがんばってやることが大人だと、思っていましたから。

その考えって、どこからきていたのでしょう。

 

話がそれてしまいました。

 

 

 

 

二十四節気、覚えたいなと思いきちんと意識したのは今年に入ってからですが、

24sekkiをきっかけに身についたので嬉しいです。

どの壁に展示したかを覚えているからです。

 

これから、季節を意識するたびにQuantumGalleryの壁を思い出す。

 

 

 

 

 

 

今回はQuantumGalleryの田村さんと一緒に本を作りました。

 

田村さんに写真を撮っていただいて、

内容も一緒に考え、大変お世話になりました。 

 

素敵に仕上がって良かったです。

1年通してゆっくり見てもらえたらいいなと思います。

通販しますのでもう少しおまち下さい。

 

 

 

 

今年の展示はこれで終わり。

一瞬の、初夏 で手の届かなかった初夏に向き合い、

24sekki で季節のグラデーションが身についたので、

来年はより季節と心を深めて描きたいし、そこから飛び出していきたい。

 

また描いていくので、良かったら見に来て下さい。

 

 

kansou02:10



2018 09 17

 

 

イラストレーション・フェスティバルが終わりました。

たくさんの方に絵をご覧いただきました。

見てくれた方、買ってくださった方、

感想伝えてくれたあなた、ありがとうございました。

 

企画展の「3人の読んだ景色」から「星の王子さま」の絵。多角形。

個展「一瞬の初夏、」からの絵。ひらひらの紙。

個展「すべての天気の下で」から布の絵。

冊子、カード、レターセットの販売。

10名さま限定の「小さなライブペインティング」の2日間となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

とても良いイベントでした。

本当に参加できて良かった。嬉しかった。

絵を見てくれる時の、みなさんのいきいきした表情をたくさん見られたから。

 

小さいお子さん連れの方が多く嬉しかったです。

指さして「あお!」って。

どんぐりも拾ってくれました(床においていたんです)。

 

記憶の奥に残るといいな。

 

 

 

 

絵を描くときは独りです。

夜中まで自分に向き合って、絵の具まみれで。

そういう、独りの時間との、ものすごく逆の時間でした。

個展も逆の時間といえますが、

でもこの2日間では経験したことのないキラキラとした、

ずっと楽しい、ご褒美のような時間をいただきました。

 

イラストレーターさん、絵描きさんと搬入の時から同じ空間にいれて幸せでした。

なかなかみなさんとお話ができなかったのですが、

一緒に作れただけで充分に。

 

みなさん優しくて、おもしろくて、まじめなんだよ。

素敵な絵って、人生の積み重ねでできているんだなって改めて感じました。

絵がご本人に似ているのもいいな。

今はネットで作品をみることもできるけれど、

ご本人を知ると絵がもっと好きになるし、わかるね。

 

ゆっくりみたいから、個展にいこうと思います。

 

 

 

 

「小さなライブペインティング」は、

担当のkkさんが付けてくれた名前で、ぴったりですよね。

お客様とお話しながら、カードとご本人の雰囲気に合わせてひし形の額に色をつけました。

小さな時間の共有、楽しかった。

飾ってね。

(写真は告知用のもの)

 

手紙社のみなさん、ボランティアのみなさん、優しく丁寧で、すごいなあ、、と思いました。

イラストを伝えたい、楽しんでもらいたい!という気持ちが伝わってきました。

 

ほんとうにほんとうに、お世話になりました。

 

 

 

 

イラストレーション・フェスティバルに参加できて、勇気がぐんと出ました。

なんでかというと、、うまく書けるかな、書いてみます。

 

搬入をふくめた三日間、

私はやっぱり絵描きなんだ、って、よりわかる瞬間が何度かありました。

 

私は自分のことを、絵描きだと思っています。

絵が好きで、描いてきて、でもイラストももちろん好き。

イラストレーターの方をとっても尊敬しています。

絵とイラストを区別する必要はないとおもう。

どちらもすばらしい、これも本当の気持ち。

でも13年間、絵のことをやってきて、やっぱり違うとも、おもう。

私にできること、できないことを自覚したからかな。(それは良い事でした。)

だからイラストに尊敬がある、のです。

なんか、カタコトになってしまいました、、。

 

そしてまた、「でも」、ですが、

でも、枠をきめないで、描きたいものをおもいきり描こうと思います。

誰かがイラストって思ったら、私の絵もイラスト、

そういうゆらぎは好きだし、まざる自分になりたい。

だって夏と秋がまざる今の季節や、

夕日と青空がまざる時間は美しいもの。

 

2日間、絵を見てくださった方のいきいきとした表情を信じているから、

勇気がぐんと出たのでした。

私は絵が大好きさ。

 

また絵とともに、お会いしましょう。

 

 

 

kansou16:42




c a l e n d a r
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

d a y

a r c h i v e s

c a t e g o r y

l i n k